ご挨拶

 見渡す限り田んぼの中で小学校中学校時代を過ごしました。高校は都会の進学校に進みました。
シュバイツァーの伝記やアメリカの弁護士映画に感動し、将来は医師か弁護士になる夢を持ちました。
実家が私立の医学部に子供を入れるほどの経済力がなく、国立の医学部か中央大学の法学部に入って(合格しました)弁護士を目指すことになりました。弘前大学が拾ってくれて医師になりました。
 私の時代は女医が少なく、女の医者なんかいらないと言われた受難の時代でした。
病理の大学院でヒト子宮内膜症の電子顕微鏡的研究で博士号を取り、そのあと生化学で癌や胎盤の研究をしました。

 ヒトの卵の分割を見た時、その美しさに感動し、この卵がヒトになるのだと思いました。
研究が好きだったので、不妊の分野はとても興味深く、当時世界で初めて受精卵のビトリフィケーションに成功した病院で不妊の研修を受けました。
 その後、青森県から埼玉県の川口市に移転し、現在に至ります。

院長 佐藤祐子

資格

  • 日本産婦人科学会 認定医
  • 母体保護法指定医
  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医
  • 親業訓練協会 親業訓練インストラクター
  • 日本家族計画協会 思春期保健相談士

〒332-0021
埼玉県川口市西川口1-26-4上新建業ビル3F

院長
佐藤 祐子
診療内容
産婦人科、不妊治療
最寄駅
JR西川口駅西口 徒歩4分
休診
月曜、金曜、祝日
診療時間
9:00~13:00
15:30~18:30